Posted by at

2013年02月27日

【印鑑・デザイン物語】(その1)


【印鑑・デザイン物語】(その1)


福岡県志賀島 金印公園


印鑑(はんこ)の歴史を学べば、これからのビジネスのヒントが見えてくる!

日本人が時代時代で印鑑(はんこ)と、どういう付き合いをしてきたのか!

なぜ、日本でここまで印鑑(はんこ)社会が定着したのか!

今後、印鑑(はんこ)は、そして印章業界はどのように変化していき、一般

社会にどんな影響を及ぼすのかを全5回シリーズでお届け致します。



“ 人生の節目には、必ずハンコがそばにあります ”


社会人になる方、引っ越して新生活を始める方など

春は一年の中で最もハンコを身近に感じる季節です。

色んな書類に捺す機会が増えます。


しかし、一本のハンコで複数の書類・契約書に捺印していませんか?

お手持ちのハンコは枠が欠けていませんか?

ネットが普及し書類も電子化される時代ですが日本において

ハンコは個人を象徴するとても大切なものに変わりありません。

大切なハンコだからこそ、意味を知って捺印しましょう。




動物と戦う英雄を描いた円筒印章(左)とその印影。マリのイシュタル神殿で発見、
紀元前2600年頃の初期王朝時代 【ルーブル美術館所蔵】


ハンコの歴史は、紀元前3500年の古代メソポタミア時代に始まったと

されています。

世界で最も古くハンコが用いられたのは西アジアと言われ、指輪形の

印章がエジプトで現れました。その当時はハンコと言っても文字の

前段階である模様や絵が彫られていただけだったようです。

最初は粘土板や封泥の上に押すスタンプ型の印章が用いられましたが、

後に粘土板の上で転がす円筒形の印章(円筒印章)が登場しました。


その後、文字が発明されて書くことが主体となっていく中で西洋では

ハンコと同じ役割を持つ手書きのサインにとって代わられていき、

ハンコは西洋で姿を消す前にシルクロードを通って東洋に渡り生き延びました。





福岡藩主黒田家に伝えられたものとして明治維新後に黒田家が
東京へ移った際に東京国立博物館に寄託された。
その後福岡市美術館の開設に際して1978年(昭和53年)に福岡市
に寄贈され、1990年(平成2年)から福岡市博物館で保管・展示され
ている。


日本最古のハンコはいうまでもなく福岡県志賀島で発見された

「漢委奴国王」の金印であり、これは中国の皇帝から授けられた

ものであるとされています。

このことをきっかけに、日本でのハンコの歴史が始まったといわれています。


「漢委奴国王」の金印は3行に文字が陰刻され、蛇の形をしたつまみが

ついています。一辺は2.3センチの小さなはんこですが、重さは108.7グラムと

ずっしり重く、ほぼ22金にあたると推測されています。





日本において紙に朱や黒をもって押捺するハンコの本格的な使用は、

奈良時代に律令の制度が整い、実際に施行されるようになってからで

あると考えられています。


正倉院の所蔵する文書などから奈良時代には絵を職業とする人、河川

運送業をしていた人など様々な人々が「印」を使っていたことが想定されて

います。

更に当時の不動産売買契約にも捺印の事実が確認されています。


※参考文献
門田誠一 「はんこと日本人」
山本桃仙 「不思議なハンコ屋」
平木場泰義 「印相学の知識」


・・・・・・【印鑑・デザイン物語】(その2)へ続く・・・・・・  


Posted by デザインはんこ at 16:16Comments(0)情報

2013年02月05日

第5期 事業戦略・経営計画 発表会



「インプレス福岡株式会社 デザインはんこ」の事業戦略

~ デザインはんこは、次世代の印象店です ~


※企業理念

印章、デザイン、ホームページ制作、印刷と起業カフェの開催を

通して起業家・経営者の方々を支援し事業の発展から成功へと

導き、起業家・経営者に感銘を与え続けて地域社会の発展に

貢献することが弊社の企業理念です。


※環境の分析

従来の印章店は後継者がないケースが多く、ネット販売の拡大で

価格破壊された業界において従来の方法で経営を継続させる

ことは困難であることは周知の通りです。


※企業姿勢

弊社では、常に斬新なアイデアを出し続けて、ますます進化する

IT社会に対応可能なデザインや制作力でお客様と常にコミュニ

ケーションを取りながら、印章・デザイン・ウェブ・印刷の世界で

お客様を笑顔にして感動と感銘を与え続けます。


※自社の分析(強み)

□Yahoo、Google 検索で上位表示

「印鑑 福岡」、「福岡市 ハンコ」、「実印 福岡市中央区」、

「銀行印 福岡」は元より、「はんこ ロゴ」、「はんこ デザイン」

などのキーワードにも上位表示。


□高いデザイン性・オリジナリティー

デザイン(ロゴマーク・ウェブ・印章)のお打合せは、弊社

デザイナーと直接のお打合せをして頂きます。

それ故、お客様のご要望を的確に、かつ明確に表現することが

出来て非常にデザイン性が高く、さらにそのオリジナル性の高い

様々な商品には多くのお客様から絶大な支持を得ています。


□スピィーディーな対応

ビジネスを始め、様々なシーンで限られた時間を有効に使わな

ければならない現代にスピィーディーな対応でお客様のご要望に

お答えして参ります。


□福岡法務局での法人設立印制作の高いシェア

平成20年福岡法務局管轄の新規法人設立件数1,765社中の

263社(14.9%)の新規法人設立印彫刻







□ゴム印・スタンプ制作

データ入稿可能な店舗・ショップは全体の約10%程度であり、

これからの益々進化していくデータ社会に対応可能







□ロゴマーク、ウェブ、グラフィック

従来の印章店では提供出来ないサービス。弊社では創業

当初より印章類の他にもデザインをメイン商品に考えており、

法人設立印~ロゴマーク~ウェブ・印刷物などとワンストップで

サービスを行うことが出来る。







□福岡印刷工業協同組合加入

多様化する様々な印刷物にそれぞれの組合員が所有する

印刷機を選別して印刷完全データを直接自社で制作出来る

ために、高品質でスピィーディーな印刷を可能にしている


□社章制作

地元福岡で直接打合せ出来る所はほぼ皆無であり、更に

小ロットから注文可


□起業カフェ 定期開催

起業カフェとは、起業家・経営者と士業や様々な分野の専門家を

マッチングさせ事業継続の支援とフォローアップを行い、デザイン・

Web活用を通したブランディングを提案していく事を主旨としています。


こういう取組みは、今までの印章店では見られた前例はなく、業界を

代表する出版社より取材を受けて、全国版の業界誌に掲載され

大きな反響を呼んだ。



※販売商品        
1.印鑑
2.ゴム印・スタンプ
3.デザイン
4.印刷
5.社章
6.卒業記念品

※販売地域
1.第1商圏;福岡市中央区赤坂・大名
2.第2商圏;福岡市中央区・博多区、他区
3.第3商圏;福岡市郊外

※客層
1.個人(起業家)
個人;中央区役所で実印登録するのに最高の立地の印鑑ショップ
起業家;起業時の実印・デザイン・経営知識が必要
2.法人(事業所)
3.士業事務所(行政書士、司法書士、税理士)
4.学校(高等学校、専門学校)

※販売方法・手段
1.IMPRESS(弊社発行月間リーフレット)
2.DM
3.メール
4.セミナー・イベント開催


  


Posted by デザインはんこ at 19:33Comments(0)